60代からの人生を幸せに生きるための情報サイト

豊かな老後は70代からを目標に

豊かな老後は70代からを目標に

一昔前までは、60歳で定年退職をし年金生活に入るというケースが多くありましたが、現代は様変わりしています。「アクティブシニア」という言葉があるように、60代はまだまだ若く、非情にパワフルで仕事や趣味、自己啓発などにもとても意欲的です。多くの人にとって、60代は迷いながらも本当に自分らしい生き方を見つける時期であり、70代からの豊かな老後に向かって基礎固めをする時期とも言えます。
公的年金の受給年齢が段階的に引き上げられ、満額支給が65歳からになりましたが、60代はむしろ豊かな老後を送るための準備期間ととらえましょう。

60代前半の生き方

60代前半は、年金があてになりません。公的年金の満額支給が開始されるまでの5年間をどう乗り切るかが、それ以降の人生を豊かなものにするかどうかの分かれ道と言えます。
幸いにもまだ体力のある60代前半は、自分の力で収入を得る方法を考えましょう。定年後再雇用制度を利用して引き続き会社勤めをする、再就職をする、パートやアルバイトをする、独立して起業する、農業を始める、在宅で仕事をする、投資をするなど、収入を得るためには色々な方法があります。
事情により預金を取り崩す場合でも、生活資金にまわす金額を最小限に押さえ、70歳以降の老後に向けて余力を持たせておくようにしましょう。

60代後半の生き方

スポンサードリンク

60代後半は、70代からの豊かな老後へ向けて具体的な計画を立てて行きましょう。年金も満額支給されるようになりますので、経済的には多少ゆとりができるかもしれません。しかし、年金以外の収入が途絶えても困らないようにしておく時期でもあります。
家のリフォームや思いがけない入院などのリスクに備えておくほか、退職金や預貯金の運用も考えておきましょう。




【関連ページ】

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional