60代からの人生を幸せに生きるための情報サイト

素肌のきれいなシニアになろう

素肌のきれいなシニアになろう

60代だからこそ、今までできなかったおしゃれを思いっきり楽しんで、人生を謳歌したい。ところが、顔にはシワやシミがいっぱい・・・これでは、何だか悲しくなりますね。洋服やアクセサリーに興味を持つ前に、素肌のきれいなシニアを目指してみませんか?

まずはシワ対策

  • シワの状態をチェックしてみよう
    鏡を見て、顔のシワの状態を丁寧にチェックしてみましょう。目尻のシワやほうれい線、眉間のシワなど・・・。
    60代女性にとって顔のシワは避けることができないものかもしれませんが、小じわや浅いシワなら、スキンケアなどにより薄くすることができます。また、眉間のシワやほうれい線のような大きなシワは、マッサージや表情筋のトレーニングによってある程度改善することができます。あきらめずに対策をとってみましょう。
  • 肌の乾燥を防ぐことが最優先
    顔のシワができる大きな原因のひとつが、肌の乾燥です。顔の肌を手のひらで触れてみて、潤いがなくカサカサしているようなら、まずは乾燥を防ぐことを最優先してください。肌の乾燥をそのまま放置しておくと、薄かったシワがどんどん深くなったり、新しいシワができてしまいます。特に暖房のきいた部屋にいる時や、空気の乾燥する冬季は要注意です。空気の乾燥は肌を乾燥させ、肌の乾燥はシワに直結します。
    肌の乾燥に気づいたら、化粧水や美容液などで皮膚に水分を補給しましょう。また、加湿器などで空気の乾燥を防ぐようにしましょう。加湿器がない場合は、部屋に濡れたバスタオルなどをかけておくのも効果的です。

    スポンサーリンク


  • 皮脂は天然の美容クリーム
    人間の皮膚は、天然の美容クリームと言われる皮脂によって守られています。皮脂は、皮脂腺から自然に分泌されていますが、残念ながら年齢を重ねるにつれて分泌量が減少してしまいます。若い頃に比べて皮膚の表面が乾燥しやすくなったり、刺激に弱くなったり、シワができやすくなるのはそのためです。
    クレンジングや、洗浄力の強い洗顔料、石けんなどで皮脂を落とし過ぎないようにすることが、シワを作らないことにもつながります。
    この大切な皮脂を落とさないためにも、お化粧をしない日は水だけで洗顔するという工夫も大切です。
    また、皮脂の不足を補うために、保湿成分の配合された美容クリームやオイルなどを利用するのもおすすめです。
  • マッサージと表情筋トレーニング
    顔には、表情筋と呼ばれる筋肉が無数に走っており、その筋肉の動きによって笑った顔や怒った顔、がっかりした顔や悲しい顔などの表情を作っています。ところが、体の筋肉が使わないと退化するように、顔の筋肉も弱くなり退化します。その結果、動かした筋肉が元に戻らなくなり、その場所の皮膚がたるんでシワができたりします。
    顔の筋肉や皮膚の柔軟性を保つには、マッサージや表情筋のトレーニングが有効です。シワができている部分にマッサージクリームをつけて丁寧にマッサージするだけでも、浅いシワなら改善することもあります。
    また、「あー・いー・うー・えー・おー」と口を大きくあけて表情筋のトレーニングをすることにより、ほうれい線を薄くしたり、口の周囲のシワを防ぐことができます。

シミ対策は紫外線対策

素肌をきれいにするには、シミ対策も重要です。顔のシミを作ったり濃くしたりする主な原因は紫外線です。また、皮膚はコラーゲンやエラスチンといった細かい繊維が張り巡らされてハリを保っていますが、紫外線はこの繊維を切断してしまいます。そして切断された部分はハリを失い、シワになります。
シミもシワも防いできれいな素肌を保つためには、紫外線対策は欠かせないと言えます。直射日光の当たる場所では、必ず日焼け止めクリームを塗り、さらに帽子や日傘などで肌を守るようにしましょう。


肌をきれいにする食品

体の内側から肌をきれいにするには、栄養バランスのとれた食生活が大切です。どんなに高価な美容クリームを使用しても、健康な皮膚を作る栄養素が行き届かなければ、効果は長続きしません。良質なタンパク質や血行を良くして肌をきれいにするビタミン類、新陳代謝を促進するミネラル類をバランス良く摂りましょう。緑黄色野菜類や根菜類、豆類、芋類、果物類、海藻類、小魚類、青魚類などを万遍なく摂ることにより、自然にバランスの取れた食生活になります。また、オクラや納豆、ヤマイモなどの粘りのある食品は、特にきれいな肌を作るために有効です。

睡眠と運動

バランスのとれた食生活に加え、たっぷりの睡眠と無理のない運動を継続するだけでも、シワを減らして若々しい肌にすることができます。睡眠中には、肌の新陳代謝を促すホルモンが分泌され、ダメージを受けた部分が修復されるからです。また、ウォーキングやスクワットなどの軽い運動でも、続けることにより血行が促進され、肌の隅々まで酸素と栄養素が運ばれるため、肌もきれいになります。

スポンサーリンク


【関連ページ】

powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional