60代からのおしゃれで気になること

60代からの幸せライフを目指すなら、おしゃれやファッションにも目を向けてみましょう。

60代、70代、80代になっても生き生きと活動している方は、おしゃれにも敏感です。しかし、60代からおしゃれを楽しもうとする場合にちょっと気になることがあります。

ヘアースタイルが決まらない'

おしゃれを楽しもうとする時に、まず気になるのがヘアースタイルです。

60代、70代となると男性・女性ともにどうしても髪の毛の分量が少なくなったり、白髪になったりします。

現在はカラフルでデザインも豊富な帽子が出回っているので、髪の毛をカバーするためにファッションアイテムの一つとして取り入れてみるのもいいですね。女性ならスカーフもおすすめです。

また、薄毛や白髪をその人の魅力のひとつに変えてしまうこともできます。軽い感じのヘアースタイルが似合うファッションコーディネートや、白髪などの明るい色の髪の毛を生かしたコーディネートを工夫してみましょう。

体形に自信がない'

60代、70代になると、どうしても体形が変わってきます。

体形をカバーするためにはゆったりとしたデザインのものを選んだり、上半身にアクセントを置いたコーディネートを心がけてみましょう。

白やパステルカラーの明るい色の服は、体形をうまくカバーすることができますが、茶色のスーツなどは体形をくっきりと際立たせてしまうため、あまりおすすめできません。

黒や紺も体形が目立ってしまいますが、この場合はむしろ上品さや個性のほうが強調されるので、シニア世代の洋服の色としてもおすすめです。

スポンサーリンク

野暮ったくなってしまう

年齢相応のファッションを選ぼうとすると、どうしても野暮ったくなってしまいます。

最近はデパートでも「シニア向け売り場」などがありますが、むしろ若者向けのファッションの中に自分にピッタリのデザインがあったりします。

もともとファッションには、年齢というものはありません。
若者向けのファッション雑誌に目を通したり、流行の小物を取り入れたりすることにより、野暮ったさを克服することができます。

また、上から下まで同系色で統一するようにすると、それだけで洗練されたイメージになります。

自分に合うものが見つからない

60代、70代、80代の方が洋服を購入する場所として、「カジュアルウェアの量販店」と「デパート」が多くなっています。

しかし、品揃えも少なめでなかなか自分に合うものが見つからないのが現状です。

そんな時は、自宅で心ゆくまで検討することができる「カタログ通販」や「インターネット通販」を利用してみましょう。

この場合、現物を見ることができないので、サイズや素材にも十分に注意をはらってください。また、返品を受け付けてくれるショップを選ぶことも大切です。

60代からのおしゃれ・参考書籍 】

どんな服を選んだらよいかわからない、どんな着こなしをすればいいのか迷ってしまうという方は、次のような本を参考にしてみてください。

ここでご紹介の書籍は、ネットの本屋さん・アマゾンで購入可能です。
画像または書籍名をクリックしていただきますと、アマゾンの公式サイトに移動しますので、ご注文の際は、在庫や代金を良くご確認の上、注文手続きをお取りください。

大人服おしゃれセオリー ―年を重ねてこそ、もっと楽しむ

オヤジの着こなしルール

大人の素敵ファッション帖 (エイムック 4077)

こちらのページでは、ファッション関連の雑誌をご紹介しています。